シンプルスキンケアとは

なぜシンプルスキンケアの方が美肌になるのでしょうか?

それはシンプルスキンケアの方が肌への「刺激」が少ないからです

たかがスキンケアと思っても毎日少しずつ肌をこすったりなどして肌に与える刺激が肌荒れやシミの原因となります。

何をやっても肌トラブルが良くならない時は自分のスキンケアを見つめ直してシンプルにし肌本来の美しくなる力を取り戻すことです。

 

シンプルスキンケアをすることで

・衰えた肌の回復能力を復活させることができます

・肌への刺激を避けることで肌トラブルが減ります

まずは美肌になれる「洗顔」と「紫外線対策」をぜひ取り入れてみて下さい。

「洗顔」はお肌の汚れを落とす大切なケアです

ところが汚れを落としたいあまりに必要以上に洗いすぎてしまっているのです。
それが肌に必要な潤いまで奪ってしまいます。

洗顔で皮脂を取りすぎると、肌は必要な皮脂が不足していると判断し、皮脂分泌を盛んにしてしまいます。
その結果、乾燥しているのにTゾーンだけはベタつくなどのトラブル肌になりやすくなってしまうのです。
さらに保湿を守ってくれているバリア機能を低下してしまいます。
その結果、外部の刺激に対して敏感になりますので肌トラブルが出てしまうのです。

シンプルケアが美肌になると言われているのには理由があります。

肌には「自己治癒力」といった力があります。
肌が正常に生まれ代わる(ターンオーバー)を行っていれば、少々の肌荒れや吹き出物は自分の力で
治癒できるというものです。しかし肌の状態が良くないとこの力も落ちてしまいます。
そのため、それを解消するために肌にいろいろなものを塗って肌を守るのですが

この塗りすぎスキンケアがさらに肌を悪化させます。

肌に異常を感じた時、自己治癒力を働かせなくても外からいろんなものを補ってくれるので
肌が本来の仕事をしなくなり、肌が甘えてしまいます。
肌に良い成分をたっぷりと与えたいという気持ち、とてもよくわかります。

でも、あれだけお顔の肌をまめに、ケアしているのに。。。
お顔の肌は、乾燥肌とか、脂肌だ、とか、言いますよね

それでは! こまめにお手入れしていないお顔以外の肌は?
二の腕の肌が脂肌の人は?太ももが乾燥肌という人は 胸が混合肌の人はいますか??

あまり聞いたことがないと思います

なぜならお肌に化粧品を使えば使うほど、肌本来のチカラが弱まり、化粧品ナシではいられない肌になりますから
「もっと化粧品を!」「もっと欲しい!」と、次々化粧品を求めてダメダメ肌へといざなっていくのです
たくさんのアイテムを使用することで刺激も増え肌に良いと思ってやっていたお手入れが裏目にでてしまうのです。

シンプルスキンケアは最低限のケアしか行いません。
必要なケアだけして肌本来が持っている美しくなろうとする力を守り・高めていくスキンケアです。

肌トラブルを招く、ほとんど原因は「しすぎ」からです

①あらいすぎ

②油つけすぎ

③色塗りすぎ

④いじりすぎ

この「しすぎ」がシミ・アレ肌・ニキビなどを招きます

私たちの肌は毎日毎日新しく生まれ変わっています

古い細胞すて新しい細胞に入れ替わる事をしてます

肌が働いている限り、肌は自ら美しくあり続けます

その力を引き出してあげるお手入れをすることです

ですから

間違った洗顔をしない

油性化粧品を使わない

落ちない厚化粧しない

こするたたくをしない

複雑なお手入れ法をしないで「知って あらって・つけるだけ」のシンプル・スキンケアをすることです

このスキンケアは複雑ではないシンプルな方法ですから

乾燥肌もあぶら肌も混合肌も過敏肌も同じお手入れ法とお化粧品

ニキビもシミもあれ肌も同じお手入れ法とお化粧品

年齢に関係なく20代も60代の方も同じお手入れ法とお化粧品

とてもシンプルです

私たちはシンプルなものが好きです

なぜなら、理解するために一生懸命に脳を働かせる必要がないからです
シンプルとは、複雑ではない 飾られていない 誰にでも分かりやすく、抵抗感を与えないという事です
誰もが理解しやすいこのシンプルスキンケアを始めてみましょう

まずは知ることから初めて下さい

 

こんなに素肌はきれいになる

この本が無料で読むことができます

お肌で自分が気になることを

いつでも知ることができます

こちらをクリックしてください

 

 

 

ここからはこの本を読まれた方の感想です

こんなに素肌はきれいになるを読んでから気付きました。
この著者は カツウラ化粧品の方なんですね、
自社製品の宣伝に走ることない、良い本だと思います。

基本的に、紫外線を避けること、肌をこすらないこと。
化粧水、乳液、美容液で肌を甘やかさないこと。

他の本でも同様のことを説いているのに出合いましたが、
この本の説明がいちばん丁寧で納得できました。

つまり、著者は「天然の乳液」と読んでいますが、
つまり肌を守る成分は、本来体内から分泌されるものなわけですね
それを下手に外から化粧品などで補うことで角質が厚くなり働きを
弱めてしまうことへの警鐘。

女性は美しくありたいと願うもので、それは年齢には、関係ないわけです。
ちょっとでも美しく、もっと美しく。ですね

美しくなる化粧の極意は自分の顔のバランスを「美人」に近づけて行くことです
低い鼻を高く見せたり、目を大きく見せたり、キツイ顔を柔らかく見せたり、
ぼんやりした顔をキリリと見せたり。昨今は目を大きく見せるのが主流です

確かに目が大きくなると見栄えはしますがそこそこの年齢になってくると
アイメイクは手間隙かかる。塗る方はいいんですけどね?。落とすのが!
ああ?。大変すぎて、もう?ヤダ。
なので。ささっと塗って、ささっと落とすレベルです

世の中こういうのが好きな人もいるんですが肌のコンディションが悪い薄化粧は悲惨。
逆に言えば、肌が美しければ化粧も薄くていいわけで。
薄化粧なら落とすのも簡単なわけですからここが理想だ!ということになります。

ですが、美肌の為というと。エステ?高級化粧品?超・節制生活?面倒なことと
お金かかり過ぎることは厭だ。しかも。世の中で肌にいいと言われることに一貫性がない。

洗顔法だけで幾通りあるやら。
冷水がいい、ぬるま湯がいい、拭き取るだけがいい。
石鹸がいい、洗顔料がいい、洗い過ぎだ、洗い足りない・・・もう!
朝もクレンジングすべきだとか、いや石鹸もいらない、水だけとか。
真反対のことを「正しい」と言って通るのが美容界。

肌も人それぞれ、っていうけど・・・基本構造は一緒でしょ?

どうして科学的に正解がないの?

せめて方向性が統一できないの?

成分についても、あれがいい、これがいい、あれがダメ。

目元用のクリームとか、毛穴ケアとか、角質を落とすパックに、
保湿のパックに、睫毛美容液・・・あー。キリがないっっ。

試してみて、自分に合うと思う方にすればいいんだろうけど。
これも、あまり違いがわからなかったりします。

それでシンプルなお手入れを問いている美容本を読み漁ることに。

不思議と。著者が男性なんですねぇ、ほとんど。
女性は全員というわけではありませんが、贅沢美容を推奨します。
お金をかける、手をかける、時間をかける。

ところが私は肌の手入れなんか頑張りたくないんです。
「美しくありたいけれど、そのことに必死になりたくない」のです。
意識もせず、維持する努力もせず、「美しくてあたりまえ」でありたい。

努力が必要のない美肌法も、あるんじゃないかと思うわけです。
シンプルで手間隙かからない、正しいお手入れ法が・・・。
だって、肌ってそんなに複雑なものですか???

アンチエイジングとか言うのとは無縁でいたいんです。
自然に歳をとろう、と思っています。ただ、なるべく美しく(笑)
化粧したり、それを落とす時間を他のことに使いたいです。
というわけで、シンプルな美容法で美肌を目指しております。